BPRの書籍 - BPR案件について

BPR案件について > BPRの書籍

BPRの書籍

BPR関連の書籍は、いくつか見つかります。
これら書籍を読んで勉強すると、BPR案件をこなすのに役に立つでしょう。
どんな本があるでしょうか?

たとえばある書籍では、BPR案件の理念について書かれています。
これは海外の書籍の翻訳本になり、これを書いたのはBPRという考え方を発明した方です。
つまりその提唱者の本を読めることになりますから、まさにBPRの本質を学ぶのに適しています。
翻訳されていますから、英語が読めなくても問題ありません。
BPRを一から勉強するにはもってこいの参考書籍です。

日本人が書いた本もあります。
それに書いてあるのは、BPRの基本理念のほか、現場で使えるノウハウも含まれています。
この本の筆者自身が、BPR案件をこなしたことのある経験者です。
だからこそ語れる具体的な話になっていますから、非常にわかりやすいですよ。

日本人が書いたBPR関係の本は、ほかにもあります。
こちらも入門書として使える内容で、BPRとはなにかという基礎知識から、実際にこのような課題にあたる際の対応法まで、幅広く基本的なことを学べる書籍です。
日本人が日本人向けに書いたものですから、感覚的にもわかりやすいでしょう。

これら以外のものも含め、BPR案件の書籍はたくさんあります。
これらを見て、学べることは多いでしょう。
ただ、これらを読めばすぐに誰でもBPR案件をこなせるわけではありません。
これら書籍はBPR案件をこれから学ぶ方向けの本で、これら基礎知識は押さえたうえで、実務経験を積むと、この案件を実際にこなせるようになるでしょう。
そのための入門書としての位置づけになりますから、まずはこれらを読み、読んだ後はコンサル会社などへ入社してBPR案件をこなしていくといいでしょう。