BPR案件がよく出る業界とは - BPR案件について

BPR案件について > BPR案件がよく出る業界とは

BPR案件がよく出る業界とは

BPR案件を出すクライアント企業は、どこの業界の会社が多いのでしょうか?
これは特定の業界とは決まっていません。
BPR案件はあらゆる業界から出ることのある案件です。

なぜなら、このBPRというタスク自体が、どのような業界でも使えるものだからです。
BPRとはビジネスプロセス・リエンジニアリング、つまりはその会社の業務プロセスを大幅に見直すことになります。
これは特定の業界だけで使える手法や考え方ではありません。
あらゆる業界に使えるものです。

これをすると、業務を効率化できます。
たとえばこれまですべて社内でやっていた業務のうち、一部を外注することで、その会社の重要な業務に社員が集中できるようになります。
これなどBPRでよくある例です。

具体例をご紹介すると、その会社への問い合わせの連絡は、提携しているコールセンターがすべて一度担当し、その会社へ直接伝える必要があるものだけを後で伝えるといったものが、BPRの典型例です。
これをすることで、その会社の社員が自分の担当業務に集中できるようになり、業務が効率化されるわけですね。
具体的にどのように業務プロセスを改善するかは、各案件によってさまざまですが、このような業務プロセス自体の見直しを必要としている企業は、業界に関わらずたくさんいます。
あるアンケートでは、このような対応の必要性を感じている経営者は全体の八割に達しているくらいです。

そのため、このBPR案件については、あらゆる業界から案件が出ます。
実際に案件を見てみても、IT業界もあれば製造業界、航空業界もあるなど、さまざまです。
特定の業界に関わらず仕事を受けられるのは、BPR案件のメリットですね。