BPR案件で必要な資格 - BPR案件について

BPR案件について > BPR案件で必要な資格

BPR案件で必要な資格

クライアント企業の業務プロセスを見直すというBPR案件は、一般的な業務改善コンサルに比べて大幅な改善になることが多いです。
それだけ難易度は上がるわけですから、なにか資格が必要なのか、気になる方もおられるでしょう。
BPR案件をこなすために必要な資格は、特にありません。
つまり特に資格はなくても、BPR案件に対応できるスキルや知識があれば、この案件は受けられます。

BPR案件を受けるために必要なスキルとは、何でしょうか?
これはクライアント企業の業務プロセスをきちんと把握するスキルや、それの的確な改善案を提案できるスキル等になります。
これら個別のスキルを証明する資格なども特にないため、これらBPR案件では、過去に同種の案件をこなしたことがある方を募集する例が多いですね。
そのような方なら、BPRに必要なスキルを持っているものとして、仕事を依頼されます。

ただ、これだけがBPR案件を受けられる資格になるわけではありません。
直接はBPRを経験したことがない方でも、応募できる案件はあります。
たとえばこれまでに業務改善系の案件を中心にこなしてきた方なら、BPRを直接経験したことはなくても応募可となることはありますね。
また、BPRの方向性がすでにクライアント企業の方で決まっている場合、その方針に詳しい方なら、直接BPRをやったことはなくても応募できる案件もあります。

よくあるのは、たとえばアウトソージングです。
その企業の本質ではない末端業務を、それを専門に請け負っている他社に外注することで業務を効率化するこの手法は、現在では有名ですよね。
すでにクライアント企業の方でこの方針で決まっているときなど、アウトソージングに詳しいコンサルタントなら、BPRを直接知らなくても応募できたりします。
このようにBPR案件で直接必要になる資格は特にありません。