BPRに必要なスキルとは - BPR案件について

BPR案件について > BPRに必要なスキルとは

BPRに必要なスキルとは

BPR案件をこなすために必要なスキルとはなんでしょうか?
一番大事なのは、業務プロセスについて詳しいことです。
それもできれば、業務内容自体は変えずに、トップダウンで抜本的にプロセスだけを変更できることが望ましいですね。

なぜなら、そもそもBPRとはちょっとした業務改善に留まらないからです。
そのビジネスを行うためのプロセスを根本から見直し、大幅な人員転換や組織図の変更なども行いつつ、業務を効率化するのがBPRです。
そのためには、その企業の組織図や、今やっているビジネスの全体像をきちんと把握したうえで、どこをどう変更すれば効率化できそうか、的確に見分けないといけません。

さらにその中で、このBPRにはよく活用される、別の分野の知識やスキルが必要になることも多いです。
たとえばITやアウトソージングなどです。
これまで人力でやっていた一部の業務について、すべてをITに置き換えるのは、現在主流の方法になっています。
BPRにもよく関わる分野ですから、これに関する知識やスキルは必要です。
また、外部にその業務を委託するというアウトソージングも、BPRにはよく活用されます。
これのためにBPR案件を出す企業もいるくらいですから、これに関する知識やスキルが必要ですね。

このようにBPR案件をこなすには、クライアント企業についての全体像を的確につかむ力や、他の分野の知識をうまく活用する力などが必要です。
これらが基本スキルとして必要になりがちですが、このBPR案件は一種のコンサル案件として経営者に提案をしていく案件ですから、コミュニケーション力も必ず必要になります。
このような一般的なコンサルタントのスキルもお忘れなく。