BPR案件のコンサル - BPR案件について

BPR案件のコンサル

コンサル案件の中にもいくつかの種類があるのですが、その中の一つになっているのがBPR案件です。
これはどんなコンサルになるのでしょうか?
これは主に業務改善のコンサルになります。
BPRとは何なのかというと、これはビジネスプロセス・リエンジニアリングの略となります。
つまりは業務改善のことなのですが、特にポイントになるのは、ビジネスプロセスの部分ですね。

ビジネスを行って利益を得るには、一定のプロセスがありますよね。
たとえば製造業なら、まず新商品の企画をし、それで得られる利益を見積もり、試作品を作り、それを実行するとなれば材料を仕入れ、それらを管理しつつ、毎日必要な材料を持ってきて加工し、完成品を管理し、出荷するといったプロセスがあります。

また、各プロセスの中にもプロセスがあるでしょう。
たとえば在庫を管理する人員が特定のメンバーに決まっていたり、管理するときはその会社の規定の帳簿を使い、所定の方法で記録を残すといったことです。

このような大きなプロセスと小さなプロセスとが無数に集まって、一つのビジネスの流れができているわけですが、これらが本当に合理的なものになっているとは限りません。
中には必要ないプロセスが入っていたり、他のプロセスと重複しており、そのプロセスの必要性が低かったりすることも多いです。

そのプロセスこそを見直し、効率的に業務が進むようにするのが、BPR案件です。
そして現在のプロセスをどう変更するのがいいのか、その提案をするわけですから、これはコンサルティング案件になるわけですね。
BPR案件とはこのように、その企業のビジネスプロセスを見直す案件になります。